株取引を行う人のイメージ

川合俊一さんと株について

川合俊一さんと言えば元プロバレーボール選手で引退後はタレントとして活躍しているイメージが強いかと思いますが、実は投資家という一面も持っています。
タレントとして稼いだお金を元手に株式取引をしているのです。
彼のしているのはデイトレードと言うもので一日で売り買いをして決算するものになります。デイトレードは長期保有とは違い非常にリスクの大きな取引なのですが、値動きの大きな株ですることが多いこともあり一攫千金を期待できる取引でもあります。また株を保有していない間に株価の変動があってもリスクが無いのもメリットと言えます。
彼はデイトレードにより1000万近い利益を得たこともあるのです。国の行ったアベノミクスの効果により得をした例でもあります。しかしいいことばかりでもなく時には大きな損をしたこともありました、その損の額は高級自動車10台分に相当するので4500万から6500万と推定されます。ただその損害は元手を使って増やしたお金からの損であり決して生活を脅かすような損ではありませんでした。現に彼は一戸建ての持ち家で暮らしています。
タレントが投資に手を出すのはそれほど珍しいことではありませんが、一応ギャンブルのように利用しているのではなくきちんと情報を入手した上で彼は投資を行っているのです。実際に起きている間の6時間は株価のチェックに費やしています。
移動中にもスマートフォンなどを見て株価のチェックをしているので余念がありません。
タレントがしていると素人でも簡単に設けられるのではと思う方もいますが、ある程度の知識があってこそできるものだと思ってください。
同じようなことをしても誰もが儲けられるとは限りません。